まだまだ働ける

退職後の人生について考えたことはありますか?現在、日本では60歳で退職になる方が多いです。
60歳と言えば、まだまだ働けると自負がありますし、実際就職先もあります。
経済的に言っても、年金の支給もまだですから、元気な肉体と就職先さえあれば、まだまだ現役そのものです。
そこで、第二の人生のスタートということで、張り切って生きている方も大勢いらっしゃいます。


今、60歳の方は、戦争も知らない年代で、それなりに日本が豊かになりつつあり、団塊世代と言われた人たちです。
大人になってから、高度成長期の日本の支えとなり、バブルも体験し、波瀾万丈な日本社会の立役者として活躍してきた方々です。
ですから、その間に培ったものはとても貴重です。


企業においても、そうした方が退職年齢になったと切るのではなく、そのごも会社に慰留してもらうパターンが多いでしょう。
まだまだ原動力として、働ける証明です。


60歳と言えば、シルバーというには少し早く、正式にシルバー年代というと、年金支給が始まる65歳と言われています。
まだまだ社会で通用する60歳。
これからが、自分の時間です。


60歳退職の場合、それまでは急ぎ足で必至で働いていたという方が多いですが、ここからはアクセルを少し緩め、ゆっくりと進むことをオススメします。
体のメンテナンスをしながら、これまでの自分の持っている技術や知識を後輩たちに授けるといった形で、体が許す限り社会で活躍してほしいところです。

Copyright © 2014 退職後の人生 All Rights Reserved.